屋根・外壁塗装工事例やおすすめしたい塗料(ペイント)のご紹介等お届けいたします。

八戸の泉塗装
2019.06.14
カテゴリ:2019年
木部塗装工事 あく洗い
お疲れ様です。

今日は、先日施工した、木部塗装工事の施工事例をご紹介したいと思います。

施工前の状態は、長年の汚れやカビ、塗膜の剥がれなどで黒ずんでおりますが、
これを『灰汁洗い』作業後に塗装をしてきれいにしていきます。
まずは、木部用の剥離剤を使って既存の塗膜を除去していきます。
剥離剤を塗って少し時間を置くと、このように古い塗膜が剥がれてきますので、削ぐように剥がしていきます。

剥離剤を水できれいに洗い流したあと、灰汁洗い作業です。
 
汚れやシミを2種類の薬剤を使用してきれいにした後、漂白していくと、さらに元の木材の状態に近づいてきました。

使用した薬剤は、
アクロンA・B
レブライト
ノーベルA・B
です。
劇物・毒物なので、皮膚に付着するとやけどをしてしまうので、細心の注意が必要です!
灰汁洗いで汚れを除去した後、今回は、木材保護塗料『ノンロット 205N』のクリアーで施工しました。

この塗料は、木材が本来持つ通気性という特徴を生かしながら、耐UV・超撥水・防腐・防カビ・防虫の性能を持った塗料です。
 
施工後は、ここまできれいになりました。
 
施工前後で比べると違いがはっきりとわかります。

お客様は大変喜ばれていて、弊社としてもうれしい限りです(*^-^*)

塗装のことでお悩みはございませんか?
お見積り・ご相談は無料ですので、お困りごとがあればご連絡ください(^^)/