光触媒の塗料、フッ素塗料、ハイドロテクトコートのことなら泉塗装工業所

株式会社 泉塗装工業所
2018.08.29
カテゴリ:2018年
ロッカー室 塗装修繕
お疲れ様です。
市役所 様より、ロッカー室の天井・壁面・鋼製建具の塗装を
ご依頼頂きましたので、ご紹介します(^^)
 
天井ボード面はアカルクス(日本ペイント)を採用しました!
これは、室内用高拡散反射塗料というものでして、
その名の通り塗るだけで室内をアカルクスる省エネ塗料なんです笑

つまり、室内光がアカルクス塗装面にあたると、
高拡散反射して室内の照度をUPさせるというものです。

アカルクス下塗り 1回
アカルクス  2回
の3回塗りです。 
 
アカルクス2回目の塗装状況
壁面はパーフェクトインテリア エアクリーン(日本ペイント)を採用しました。

室内用高機能(超低臭・消臭・抗菌・抗ウイルス)を持つ塗料です。

従来の光触媒(紫外光応答形)では太陽光などの強い光照射下でしか作用しませんでしたが、
光が弱い室内光でも抗菌・抗ウイルス効果を発現できる塗料です。

この効果によりニオイ・汚れなどの原因となる菌や有害なウイルスの繁殖を抑制し、
特殊吸着材の働きにより悪臭物質をを吸着することで、
消臭効果も得られる塗料となっております。


※ただし、これはあくまでも繁殖を抑制するものであり、
感染予防を保証するものではありません。
 
壁面は全面ペイントパテしごき(2回)をしたあと、
水性カチオンシーラー透明(下塗り材)を塗布し、
エアクリーンを2回塗装しました(^0^)

写真はエアクリーン2回目の塗装状況です。

 
鋼製建具は、オーデノータック(皮脂軟化対策水性内部塗料)です。

塗装面についた皮脂が徐々に塗膜に浸透し軟化
⇒黒ずみ汚れがでてくる
⇒軟化した塗膜が物理的接触が繰り返されることで剥がれる
という劣化を起こりにくくした塗料です。

例えば、ショッピングモールや仕事場の倉庫などで使われている鉄扉や木製扉、
ドアノブ廻りや端部に黒ずんだ汚れを見たことはありませんか?
あのような汚れをつきにくくしますよ~という塗料です(・ω・)ノ

 
鋼製建具の塗装仕様は、
水性ハイポンプライマー(錆止め塗料) 1回
オーデノータック 2回
の3回塗りです。

上の写真はオーデノータック2回目の様子です。
屋根や外壁といった外装に遮熱塗料や超低汚染超耐候の無機塗料など、
様々な付加効果を持った塗料が各塗料メーカーからたくさん出てます!

最近では内装で使う塗料にも、
今回紹介したような付加効果を持つ塗料が出てきてます(^^)

塗装をかけてきれいになる、被塗物を守る、被塗物の資産価値を上げる以外にも、
+αの役割を塗料が持ち始めているということですね!

この他にも付加効果を持つ塗料がありますので、
またご紹介させて頂きます(^0^)
 
月別アーカイブ