光触媒の塗料、フッ素塗料、ハイドロテクトコートのことなら泉塗装工業所

株式会社 泉塗装工業所
2017.06.22
カテゴリ:2017年施工現場
Y様邸屋根外壁塗装工事⑨
お疲れ様です。
ヤスです(^^)

今日はシャッター塗装の様子をご紹介します!
ロール(巻き上げ)型のシャッターは厚く塗ってしまうと、
塗膜が割れたり詰まってシャッターがスムーズに上げ下げできなくなってしまいます。
薄く塗るにしろ巻き上げれば板同士がどうしてもぶつかるので傷がついてはしまいますが、
美観上塗装するとやはり全体的にきれいにみえます。
そのため、シャッターは吹付工法で行っていきます。
 
まずはしっかり養生!
細かいところまで全体にケレンをかけます。
錆止めを吹付
錆止め完了
上塗り吹付
※上塗りは2回吹き
上塗り完了
今回使った吹付ガンセットです。
これはABAC(アバック)の低圧温風塗装機なんですが、
噴出する塗料の廻りを空気の層を一緒に吐き出すことで遮断して飛散を少なくするガンなんです。
コンプレッサーを使わずに専用のブロアを肩にかけ、100V電源で使用することができます。
通称エアコートガンとも私たちは呼んでます。
専用ブロア
中央の口から塗料が出て、その左右にある穴から空気が出て塗料の飛散を遮断します。





このような装置器具を使ってシャッター塗装を行いました。
あとは、全体の施工チェックと足場解体、解体後の周辺清掃です。
最後まで気を抜かずに完工したいと思います(^0^)
 
月別アーカイブ