光触媒の塗料、フッ素塗料、ハイドロテクトコートのことなら泉塗装工業所

株式会社 泉塗装工業所
2017.06.14
カテゴリ:2017年施工現場
Y様邸屋根外壁塗装工事④
お疲れ様です。
ヤスです(^^)

今日は母屋の凍害で腐食した外壁の交換のため、大工さんにきてもらってます。
上が施工前の状態です。
今回Y様邸はクリヤー塗装仕様であるため、凍害が発生している母屋の外壁部分を撤去し、
同じ柄である車庫棟外壁を取外して母屋の凍害部分に張るという、
中々ないやり方を採用しました。

母屋外壁で凍害が発生している部分が通りから見えてしまうため、
新しい外壁を張るとどうしても柄が違うので補修した箇所が目立ってしまう、
ということからこのような特殊なやり方を行いました。

車庫棟の通りから見えない背面外壁から、割らないように外壁を外さなければならないため、
大工さんになんとか頑張ってもらいました(^^;
大工さん、本当にありがとうございます!!

外壁サイディングの柄(パターン)は、1,2年毎に各メーカーで更新されて廃盤になってしますので、
こういう時には困りますね(^^;

補修で張り替えたい場合も多いから、しばらくはメーカーさんで残しておいてもらいたいです(*_*)
 
これは車庫棟の背面外壁の一部分を取り外している状況です。
 
車庫棟外壁には、新しい板を張り付けます。
柄は違いますが、一番近いのがこのサイディングでした苦笑
こちらは、当現場の職長よっさんが2色塗りにて廻りの既存外壁に馴染ませていきます(^0^)
母屋に移動し、凍害で腐食している外壁を取り外している状況です。
そして撤去後がこちら!
真ん中の一部分から雨水が入ったあとが・・・。

これは恐らく、幕板と2F外壁との取合い部のシーリングが切れているところから入ったと思われます。
中からの湿気も要因のひとつとして考えられますが、
切れたシーリング部分からの雨水の侵入が大きな要因の一つかもしれません。
 
車庫棟から持ってきた外壁を張り付け中。
 
これで取付完了!

 
次は塗装の作業状況を報告します(^^ゞ
 
月別アーカイブ